ナンパでわかる営業能力

ナンパって恋愛に関してだけかと思いきや
意外に仕事の能力と結びつくような気がします。
これは最近特に感じることなのですが、少なくとも営業職には関連性がかなりありそうです。

僕の古い友人で営業職に抜群の能力を発揮する人がいます。
彼は今や何社もの会社を運営する立派な経営者になったのですが
昔からナンパにも人並み外れたな能力を持っていました。

驚いたのは取引銀行の窓口で女性のナンパです。
彼の住む街はけして大きくはない地方都市にあります。
妻子持ちでいくつもの会社を経営する立場ですから
その街の人達はだいたい彼のことを知っています。

そんな有名人でもある彼が会社の近所にある取引銀行に出向いた時
新しい受付の女の子に一目惚れしたというのです。
普通なら躊躇するのが当たり前なのですが、そこが僕たち凡人とは違うと言われる所以です。

積極果敢に口説いては断られ、また次の日に来店しては口説く繰り返し、
女の子はとうとうデートに応じたと言うのです。

さらに呆れたのは、その口説いているところを自分の娘にしっかり目撃されたというのですから
どうやって家庭円満を維持できているのか、その方がさらに不思議でもあります。
奥さんも綺麗な人で、真面目で浮気を許すようなタイプでも無さそうなのですが
どうやら友人のナンパ癖にはお手上げのようで、いつものことだからと気にしてない様子です。

それでも許されてしまう彼の明るいキャラクターは間違いなく仕事でも活きてきたはずです。

出会いのきっかけにもなるナンパ

社会人になってから、ナンパされることは極端に減ったように思います。
学生の時と比べてナンパされやすい場所に行かなくなったこともありますし、自分自身が若くなくなってきて魅力が以前よりなくなったせいもあると思います。
学生の時にナンパしてくる人は、同じ学生の人も多くいましたが、それよりも社会人の方が多かったです。
私は学生の時はナンパは遊びたい人が適当な遊び相手を見つけたいからするものだと思っていました。
実際にそういった人も少なくありませんが、自分が社会人になってみて、社会人は思ったよりも出会いがないので、出会いのきっかけとしてナンパをする人もいるのではないかと思い始めました。
私自身、学生時代にはナンパをしてきた人と付き合ったこともありますが、何となくナンパをするような人は信用できないと思っていました。
しかし、今思ってみると、ナンパは婚活の一つと言っても良いかもしれません。
もちろん、ナンパをする人全てが信用できる訳ではありませんが、中にはちゃんとした人もいると思います。
ナンパをすることで、自分のタイプの人との出会いのきっかけともなることもあります。
ナンパをされた時には、相手がどういう気持ちでナンパをしてくるのか、見極めが大切です。

ナンパ成功の鍵はやはり見た目

ナンパというのは、主に高校生や大学生がすることだと思っていましたが、
社会人になってもナンパをすることはあるようです。
私は就職活動中に、面接を受けた会社の入っているビルと
同じビルに入っている会社の社員にナンパされました。

思うに、ナンパ成功の秘訣としては、やはり外見かと思います。
名前も立場も知らない見ず知らずの相手に声をかけられるのですから、
女性は警戒心満載です。

話しをする前に、相手のルックスや風貌を見て、
話を聞くかどうかを決めるのが女性の習性です。
ですから、大きなポイントはやはり見た目なのです。

イケメンのほうが、確実にナンパの成功率は高いです。
女性でイケメンを嫌いな人はあまりいません。
例えばイケメンを嫌いな女性がいたとして、
それはチャラそうとか浮気されそうとか、見た目のせいではありません。

しかし、イケメンではなくても、高学歴や高所得者は、
ナンパの成功率が高いです。
例えば良い大学に通っていたり、一流企業に勤めていたり、
お金持ちであることが見た目で分かれば、ナンパ成功率も高いのです。

また、清潔さも大事です。
いきなり女性に声をかけるのですから、
不審者や怪しい人物、犯罪者のような雰囲気だと、
確実にナンパは失敗するでしょう。
http://duplejkxiformrx.com/